通勤通学に便利

神社で手を合わせる子供

働き盛りの40代のサラリーマン世帯では、子供の成長に合わせたマイホームの購入が最大のテーマである。また子供の教育にもお金がかかるので、リーズナブルな新築物件が多い東武東上線沿線で物件を探すのがトレンドである。特に40代のサラリーマン世帯の多くが年収600万円前後なので、3000万円台で購入可能な新築一戸建て住宅が一番の人気物件である。このように年収の5倍から6倍で買える物件が東武東上線沿線には多いので、週末になると数多くの人々が新築物件を見学するのが最近の傾向である。またローン金利が低くなっているので、思い切って4000万円台の物件を買う人も増えており、東武東上線沿線の業者の多くが高価格帯の物件も開発中である。

マイホームの購入計画を立てるときには、子供の優先順位が高いのがすべての時代の共通点である。また高度経済成長期やオイルショック以後であっても、新築一戸建てが続々と開発される東武東上線沿線は注目のエリアである。しかし40代の会社員のマイホーム購入に対する考えも少しずつ変化しており、最近の10年間は都心で物件を探すのが大流行である。特に通勤時間の短縮が暮らしのゆとりにつながると考える人の場合には、東武東上線沿線の中でも23区内の物件を選ぶのがトレンドである。その場合には敷地面積にはあまりこだわらずに、三階建ての物件を選ぶのが一般的であろう。また賃貸マンションに住んでいた人が、40歳を過ぎてから新築一戸建てを購入するのも、最近の大きな変化である。